【生物の体の共通点と相違点12】動物の体の共通点と相違点(5) 無セキツイ動物

セキツイ動物は、地球上におよそ7万種類以上が確認されています。
では、無セキツイ動物はどれくらい種類があるでしょうか。

カンでいいから(当てにいってほしいけど)答えてみてよ。何万種類?


驚きの140万種類!※資料によって数字は多少前後します。
しかも

そのうち昆虫が約100万種類!※資料によって数字は多少前後します。

セキツイ動物より無セキツイ動物の方が圧倒的に多く、また全体の半分以上が昆虫なんですね。
もうどんだけ昆虫多いんだ(汗)…って感じがしますけど、 ヒトなんてレアキャラ中のレアキャラなのですよ。

それだけ多ければ分類もすごそうです。セキツイ動物ですら5種類に分けられたのですから、無セキツイ動物はいったいどうなるんだ!
ということで、

課題:無セキツイ動物にはどんな種類があるのだろうか。



例えば、無セキツイ動物図鑑をみてみると(いきなり他サイトの力を借りる)、無セキツイ動物がたくさんのグループに分かれることがわかります。さりげなく一番下に「セキツイ動物亜門」なんてのもあります。

つまり、動物全体を分けるといくつもの種類に分かれ,そのうち一つにセキツイ動物があるのです。で、それ以外をひっくるめて「無セキツイ動物」と呼んでいるのです。「自分」と「その他大勢」に分けているのですからどちらが大きいかは

それはともかく、無セキツイ動物のたくさんのグループにはどんなのがあるのでしょうか。

中学校でおさえておきたいのは、動物界の最大勢力「昆虫」をかかえる節足動物と、無セキツイ動物の中で、節足動物の次にたくさんの種が属している軟体動物の2つです。他にもいろいろいるんだけどね。

(1) 節足動物…文字通り足に節(関節)がある動物で、外骨格と言う特徴を持っていて、4つのグループがあります。

(1)ー1 昆虫類…昆虫については、香川照之の昆虫すごいぜ!が最強です。特にものすごい図鑑は昆虫をあらゆる角度から、倍率を変えて観察することができます。そんなので観察すると足が節になっていることが分かりますね。
3060-06.jpg

(1)ー2 クモ類…足の太いクモの写真を選んでみました。これも足が節になっています。
3055-17.jpg

(1)ー3 甲殻類…エビ、カニなどですが、これはニホンザリガニ。これまた足が節になっています。
2925-17.jpg

(1)-4 多足類…ムカデなどがこれですが、やはり足が節になっています。
3514-09.jpg

(2) 軟体動物…貝やタコ、イカなどがこの仲間です。
2008-6.jpg
節足動物と違って体節はありません。
内臓は外とう膜とよばれる膜に覆われている。「外套」ってコートのことです。もっと細かいことを言い出すとキリキリがないのですが、中学理科ではこの程度でおさえています。

(3) その他…無セキツイ動物で節足動物、軟体動物以外のものもたくさんあります。クラゲとかミミズ、ウニ、イソギンチャク(植物ではないですよ!)などもそうです。
3019-19.jpg 1651-4.jpg
3026-20.jpg

まとめ:無セキツイ動物には、節足動物や、軟体動物のほか、多様な種類がある。


昆虫だけじゃない。 無セキツイ動物すごいぜ!

参考サイト
無セキツイ動物図鑑
水産無脊椎動物図鑑
香川照之の昆虫すごいぜ!
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示