【生物の体の共通点と相違点08】動物の体の共通点と相違点(1) セキツイ動物と無セキツイ動物

さてさて世の中にはいろんな動物がおりますが、
2926-01.jpg 2926-05.jpg
2926-09.jpg 2925-18.jpg
2925-12.jpg 2799-7.jpg
2925-20.jpg 1651-4.jpg

たくさんの種類の動物を観察すると、やはり共通点や相違点などが見つかるので、それを基に分類したくなりますね。

課題:動物を分類するとき、まずどこに注目して分類したらよいのだろうか。



分類の仕方はいくつかあるでしょう。たとえば、生活場所が水中か陸上か。例えば上の写真では完全に陸上なのはメンフクロウとチョウですね。カエルなどは水中と陸上の両方を行き来します。またブルーギルなどは完全に水中です。

で、よく使われる分類は、背骨があるかないか。背骨のある動物をセキツイ動物、ない動物を無セキツイ動物といいます。セキツイ(脊椎)とは、背骨のことです。

セキツイ動物には背骨があります。それぞれ背骨に注目しましょう。
ノウサギ
20110212-1.jpg

コウノトリ
2801-04.jpg
ヘビなんかは背骨あるの?という人も多いのでは?
1278-7.jpg
また、カメの背骨は甲羅だと思っていませんか?違いますよ。
20101018-5.jpg
キョウリュウを代表してタルボザウルス・バタールさんに登場願いました。
2433-1.jpg
本ブログ初登場!理科室にあるカエルの骨格標本
3610-1.jpg
特別天然記念物のオオサンショウウオの骨格です。
2126-4.jpg
そして、コイの骨格
1339-3.jpg

セキツイ動物では、骨格を体内にもつ構造である内骨格が発達しています。

一方、無脊椎動物は背骨がありません。代わりに外骨格といって外側が堅かったり、外套膜という筋肉で内臓を守る生物などがいます。
カブトガニとか
3607-03.jpg

アカセイエビとか(これは脱皮したやつ)
2469-0.jpg

結論:動物は、まず背骨の有無に注目して分類する。背骨があるのがセキツイ動物、背骨がないのが無セキツイ動物である。


関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示