【生物の体の共通点と相違点 05】植物の体の共通点と相違点〈5) シダ植物

ここまで見てきた植物はすべて花を咲かせて種子をつくってきました。
んでは、花が咲かない植物ってあるのでしょうか。

たとえばこのイヌワラビって植物。花なんてものはありません。
3598-1.jpg
では、どんな植物なんでしょうか。そして、種子をつくらないのに、どうやって仲間をふやすのでしょうか。

課題:イヌワラビはどのような植物か。また、どのようにして仲間をふやすのか。



で、このイヌワラビ、根、茎、葉がきちんとあります。
イヌワラビのような、花が咲かない植物(種子植物でない植物)のうち、根、茎、葉があるなかまをシダ植物といいます。
3598-2.jpg

ちなみに注意したいのが、黄色く囲った部分。これは「茎」ではなく「葉」です。葉の柄の部分、葉柄(ようへい)です。
3598-3.jpg 3598-4.jpg

そして茎は土の中。つまり地下茎です。
1614-5.jpg

葉の柄を横に切って、断面を観察すると、維管束が見えます。維管束は水や養分などの通り道です。根で土から吸収した水を茎を通して葉で放出(蒸散といいます)できるように、維管束といういわば「水道管」が体内にあるのです。
1614-7.jpg


さて、イヌワラビのようなシダ植物は、根、茎、葉がある植物だということはわかりました。では、どうやって仲間をふやすのでしょうか。

梅雨の時期にイヌワラビの葉の裏側を見ると、茶色というか黒っぽいものがついていることがあります。これがソーラス(英sorus 複数個の胞子のう(胞子嚢)が集合した構造体)です。
3598-5.jpg

ソーラスを拡大すると、黒い丸い粒が見えます。この粒1個1個が胞子のうです。
3598-6.jpg

この胞子のうをスライドガラスにのせ、双眼実体顕微鏡で観察します。スライドガラスにエタノールを落とすと胞子のうから胞子が放出されるのですが、その光景がなんか阿鼻叫喚です。
胞子が飛び出すと胞子のうも逆側にビュンと動く、まさに作用・反作用の法則です。
胞子のう、潜り抜け、見上げる夕焼けの空に~♪
3598-7.jpg
ってことで、動画を4つもアップしてしまいました。




胞子のうから小さい胞子を出しているのがおわかりいただけただろうか。

この胞子がしめった場所に落ちると発芽して成長していくのです。種子をつくらないイヌワラビのようなシダ植物は、胞子でふえるのです。

せっかくなので、胞子植物プレパラートから、イヌワラビ以外のシダ植物の胞子を紹介しますね。
ベニシダの胞子。
3210-25.jpg

スギナの胞子の顕微鏡写真。緑色の丸いのが胞子で、スギナの胞子がもっている4本の黄色い弾糸(だんし)がもののみごとにくるくる巻き付いているのがわかります。ちょっと弾糸~!まじめにやってよ!!
3210-09.jpg 3210-13.jpg


結論:イヌワラビは花が咲かないが、根、茎、葉のある植物です。イヌワラビは胞子でふえます。


この特徴は、イヌワラビに代表されるシダ植物の特徴です。
シダ植物の仲間は、イヌワラビの他、スギナ、ゼンマイなどがあります。

※本記事は 過去記事「イヌワラビの観察」を授業形式に、改訂増補したものです。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示