ガクアジサイの花の分解

6月に入り、アジサイの季節となりました。
まずはアジサイの原種の一つガクアジサイを取り上げたいと思います。

ガクアジサイ 額紫陽花 Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. form. normalis (E.H.Wilson) H.Hara  ユキノシタ科
3597-01.jpg

ガクアジサイの花序は真ん中の方におしべ・めしべの両方を持つ両性花がたくさん集まっており、その周りを額縁のように装飾花が並んでいます。
3597-02.jpg 3597-03.jpg
3597-04.jpg 3597-05.jpg

装飾花。4枚ある大きなものは萼(がく)で、右の画像は中央に小さな花弁とおしべがみられます。ちなみに、めしべは退化しています。
3597-06.jpg 3597-07.jpg

そして両性花
3597-08.jpg 3597-09.jpg
3597-10.jpg

両性花を双眼実体顕微鏡で拡大してみました。
3597-11.jpg 3597-12.jpg

花弁は5枚 おしべは10本、めしべは1本ですが柱頭が3つに分かれています。そしてがく5枚
3597-13.jpg 3597-14.jpg
3597-15.jpg 3597-16.jpg
3597-17.jpg 3597-18.jpg

花がさく前の状態を切ってみました。
3597-19.jpg 3597-20.jpg

3597-21.jpg 3597-22.jpg
3597-23.jpg 3597-24.jpg

そして最後に
3597-25.jpg

おわかりいただけただろうか
3597-26.jpg 3597-27.jpg
装飾花にしっかりと花が咲いていることを!花弁・がくが4枚の花とと5枚の花がありました。
 で、装飾花はあくまでも飾りで不稔性(結実して種子をつくる性質)といわれていましたが、ガクアジサイの装飾花には稔性があるという報告がされています。♪飾りじゃないのよ装飾花は HA HAN~ 

参考サイト
福岡教育大学>福原のページ(植物形態学・生物画像集など)植物形態学アジサイ類(ユキノシタ科|アジサイ科)
アジサイとガクアジサイの2種類の花を改めて検分する
上町 達也, 西尾 敏彦:アジサイ及びヤマアジサイの額咲き型品種における花序の構造と装飾花の着生との関係,園芸学研究2005 年 4 巻 4 号 p. 435-438
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示