君たちはどう分けるか (3) 分類表の三つの要素

「世の中には2種類の人間がいる。それは○○な奴と××な奴だ」
映画や小説、エッセーなどでたまによく見かけるフレーズですね。

ついでに「○○という言葉を『広辞苑』で引くと…」というのもエッセーや社説なんかでもよくみかけますね。なぜいつも『広辞苑』なのでしょう。たまには三国とか新明解で引けばいいのに。

それはともかく、「世の中には…」というのがまさに区分です。
たとえば、
世の中には2種類の種子植物がある、被子植物と裸子植物だ。

これを図で書くと
3586-1.jpg
これが分類表です。

で、分類表には被区分体・区分原理・区分肢という3つの要素があります。

被区分体は,分類される対象をさします。ここでは、ツツジ、マツ、タンポポ、アブラナ、イチョウなどの種子植物の面々です。
被区分体以外のものは、分類できません。当たり前といえば当たり前なのですが、そこを甘く見ていると、「人間は有機物?無機物?」という問いで「どっちだろう、有機物?」とうろたえることになります。この区分では被区分体、つまり分類の対象物は「物質」であること。「人間」は鉄とか水とかタンパク質などの「物質」ではないからそもそもこの分類の対象外なわけですね。

区分原理は、どこに着目して区分するかという点です。種子植物の例では、子房の有無が区分原理になります。
そして区分肢は具体的な分類項目、種子植物の例では、「子房のない(裸子植物)」「子房のある(被子植物)」です。

このとき、区分肢の設定にはルールがあります。どんな被区分体でも(もちろん被区分体でなければ論外です)、区分肢のどれか一つだけに必ず入ること。どれにも入らないこと(漏れ)はダメだし、二つ以上の区分肢に当てはまる(ダブり)も許されません。ロジカルシンキングの世界でいうMECE(ミーシー)ってやつです。

たとえば、「丸いもの」「四角いもの」「赤いもの」「青いもの」という4つの区分肢を設定したとします。このとき、
赤い三角形だったら「赤いもの」だけが該当するからいいのですが、青い丸は「丸いもの」と「青いもの」の2つ該当してしまいます。一方、黄色い星型は「丸いもの」「四角いもの」「赤いもの」「青いもの」どれにも属さない、「漏れ」になります。これではいけませんね。

これは何がまずかったかわかりますね。4つの区分肢のうち2つが「丸いもの」「四角いもの」という形を区分原理にしたもの、もう一つは「赤いもの」「青いもの」と色を区分原理にしたものがごっちゃになっているからです。このような区分を「交差区分」といって、ぶっちゃけ失敗です。

なので、「丸いもの」「四角いもの」「三角形のもの」「その他」のように全部形でそろえるか、「赤いもの」「青いもの」「黄色いもの」「その他」のように全部色でそろえるか、一つの段階における区分原理は1つにそろえてないといけません。これを「一貫性の原則」といいます。(ちなみに「その他」って「漏れ」がなくなる強力な区分肢です)

「いやだ!俺は色でも形でも分けたいんだ!」という人は、まず「丸いもの」「四角いもの」「三角形のもの」「その他」と形を区分原理にして分けて、それぞれの区分肢に含まれるものを、第2段階の被区分体として今度は色を区分原理にして「赤」「青」「黄」「他」を区分肢にして分類すればいいだけの話です。もちろん、先に色で分類してから形で分類してもOKです。いずれにしろ、一つの段階における区分原理は「色」か「形」のどちらか1つにそろえてるのが寺田の鉄則です。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示