新しい中学理科 (清水書院・昭和36年発行)

清水書院の「新しい中学理科」1・3  なぜか2年生がありませんでした…。見つかったら追加でアップします。
清水書院といえば、現在、中学社会、高校地歴・公民の教科書を出版しているところです。でも、かつては理科の教科書も出版していたのですね。

3567-1.jpg 3567-2.jpg

発行は昭和36年6月で、昭和33年告示の学習指導要領のものです。指導要領ではA 第1分野、B 第2分野とありますが、教科書では目次に「A」とあって第1分野の単元の内容が並び、「B」とあって第2分野の単元が並んでいます。  209+20(1年)/290+7(3年)ページ 130円(1,3年とも)

3567-3.jpg

巻末に「理科の手引き」というページがあり、1年生は「計器のあつかいかた」「加熱用具のあつかいかた」「ガラスざいくのしかた」「顕微鏡のあつかいかた」「生物採集と標本のつくり方」「岩石・鉱物の採集と整理のしかた」「おもな鉱物」とありました。「目盛りは、1目盛の10分の1までを目測でよむ。」という例のルールも載っていました。もうこの時代ですでにデファクトスタンダードの地位を確立していたのですね。
3年生の方は「科学史年表」だけでした。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示