航空神社

新橋にあります航空会館
3532-01.jpg

1階エレベーター前には「九光和同」とあります。
3532-02.jpg 3532-03.jpg

そのエレベーターで9階に出ますと、お守り販売コーナーなどが。
3532-04.jpg

昭和14年 日伊親善飛行記念品
戦前のわが国航空技術水準の象徴として、軍官民の技術力を集結し開発した長距離機「三菱双発輸送機」”大和号”は、性能試験を兼ね昭和14年12月、東京‐ローマ両首都間往復29611粁を飛翔し日伊親善飛行に成功、その目的を果たした。
この彫刻は、当時のイタリア・ムッソリーニ首相から、大日本航空株式会社に贈られた記念品である。同社の終戦解散により、今日まで国際航業株式会社に保存されて来たが、歴史的記念品として当協会において保管することとなったものである。
昭和59年7月
 財団法人 日本航空協会 


3532-05.jpg 3532-06.jpg
3532-07.jpg

お守り
3532-08.jpg 3532-09.jpg


リンドバーグ夫妻に有功賞を贈る帝国飛行協会(日本航空協会の前身)の橋本副会長。
3532-10.jpg

旧「飛行館」建物基礎木柱
昭和4年6月竣工の旧「飛行館」建物基礎は長さ25m位、年輪50年程の米松の杭を先端にして地中に打ち込み埋設した。その間隔は半径50cm~80cmに1本と云ういわゆるベタ基礎で建物を支えていた。
航空会館建設に伴い、引き抜きを行ったが、数多く埋設されてあったため、除去には予想外の工期を要してしまった。除去した本数は800本。現建物の基礎工事に差し障りのない部分はそのままとなっているので、全体の数はいまだ不明のままである。
近隣の建物では東電旧館(現・東新ビル)、物産館(現・日比谷セントラルビル)の基礎も木柱であったが、いずれも旧「飛行館」よりは小ぶりであった。


3532-11.jpg


そして、屋上に出ると航空神社が!
3532-12.jpg 3532-13.jpg
3532-14.jpg 3532-15.jpg


手水もあります。水道につながていますが。
3532-16.jpg 3532-17.jpg

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示