実験本位課外理科文庫 カニとエビの生活

大学の図書館から、「寄贈されたけどすでに持っていたりするのでほしい人にあげるよ!」という本のリストが回ってきたので、眺めていたら、一冊の本に目が留まりました。

それが 『カニとエビの生活』です。
3512-1.jpg

たしかこのタイトルは…なんかで見たなぁ、と思ってググったら、ありました。
どうも幻の本らしいです。
で、そんな本が誰にもその価値を再発見されずに、しれっと捨てられそうになっているので、あわてて保護しました。
3512-4.jpg

詳しい本の中身は
一寸木肇 「発見! 酒井恒博士による幻の著書」Cancer 22:17-20(2013)
に詳しく述べられているのでそちらに譲ります。
("Cancer"は「癌」ではなく「カニ」の意味。参考:どうして、癌は英語でCancer(カニ)なの

でも、穏やかに語りかけるような文体で、カニとエビの生活に引き込まれるようなお話は、少年少女だけでなく、私のような大人も、実際にエビやカニを前に観察したいと思わせるのに十分です。私もこういう文章が書けるとよいのですが。

アカテガニ。逆から読むとニガテカア。
回文。「アカテガニが苦手かあ」
3512-2.jpg 3512-3.jpg

最後に「若し採集した標本の中で名前のわからないのが出て来たならば、アルコールにつけたまゝ小包にして著者のところへお送りになればしらべて差し上げます。」と宣言し、太っ腹なところを見せています。実際にどれだけ標本が送られたかはわかりませんが、心強いというか、もっと単純に「スゲー」と思った読者は少なくないでしょう。私もその一人です。
昭和6年刊行で 定価50銭。
3512-5.jpg

え?読みたくなった?そんな方は、国立国会図書館デジタルコレクションであまさず読めます。

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示