お茶の水橋と都電の線路

以前もお茶の水橋については記事にしましたが、そのときは都電の線路がチラッと見えているという話でした。

が、今度はものの見事に、それも結構いい状態で線路が見えています。
出土したレールは1930年製で、この路線は錦町線といい、戦時中の1944年に廃止されたそうです。以来76年ぶり。って、ハレー彗星かっ!
3494-01.jpg 3494-02.jpg

割れているところが何か所かあります。
3494-03.jpg 3494-04.jpg

上に舗装していたアスファルトをはがしたんですね。というかアスファルト、案外薄いんですね。5cm弱、ってところでしょうか。
3494-05.jpg 3494-06.jpg

レールだけでなく御影石でできた軌道敷にも注目したい。
3494-07.jpg 3494-08.jpg
3494-09.jpg 3494-10.jpg

舗装の下に都電レール 東京・お茶の水橋 戦中に廃止、工事で地上に(東京新聞)
お茶の水に出現した戦前の都電線路跡 工事で開いたタイムカプセル(おたくま経済新聞)
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示