ふしぎなタネの世界

夢の島熱帯植物館の企画展示室、三葉虫の化石展のコーナーの奥に、別の展示がありました。
珍しいタネの展示です。三葉虫展のスペースが余ったから過去の展示を再利用したのかな、と推測しますが、お得なのでよいです。
3488-01.jpg 3488-02.jpg
3488-03.jpg

ということで、珍しいタネをみていきましょう。

フタバガキ
3488-04.jpg

サクニー
3488-05.jpg

モンキーポット
3488-06.jpg

モダマ
リスが松ぼっくりを食べた跡が「森のエビフライ」「山のエビフライ」といわれています。
3488-07.jpg

シュガーパイン
3488-08.jpg

バンクシア
3488-09.jpg

ツノゴマ
3488-10.jpg

スパイダーガム
3488-11.jpg

オルモシア(ワイルーロ)
アマゾンから来た幸せを呼ぶ幸運の木の実。金運・幸運のシンボルとされています。ペルーの人たちはこれをつけると金運や幸福が訪れると信じています。
そしてワイルーロはプレゼントされた人にも幸福が訪れるといわれています。だから、誰か私にくださいな
3488-12.jpg

アーティチョーク
3488-13.jpg

アルソミトラ
3488-14.jpg 3488-15.jpg

ライオンゴロシ
3488-16.jpg

ウンカリーナ
3488-17.jpg

ハスノミカズラ
3488-18.jpg

オオミテングヤシ
3488-19.jpg

テマリカタヒバ
3488-20.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示