神奈川県庁

化石はありませんが、神奈川県庁のその他のエリアについてみてみましょう。

入ったところ。
3467-01.jpg 3467-02.jpg
3467-03.jpg 
装飾灯
フランク・ロイド・ライトの旧帝国ホテルのモノと類似している装飾等ですが、模様には宝相華があしらわれています。宝相華とは極楽に咲くという幻の花で、平等院鳳凰堂のものによく似ているといわれています。
3467-04.jpg

階段上って二階、三階。この表示もいい味出しています。
3467-05.jpg 3467-06.jpg
3467-07.jpg 3467-08.jpg

旧貴賓室こと第3応接室は昨日紹介しましたからスルー。旧議場(大会議場)へ行ってみましょう。
こちらも豪華です。
3467-09.jpg 3467-10.jpg
3467-11.jpg 3467-12.jpg
3467-13.jpg 3467-14.jpg

それから知事室。奥の方で手を振っている知事は張りぼてです。
3467-15.jpg

知事室前での「ぶら下がり取材」に対応するためのバックボード。そういえば、記者会見では後ろにこんな市松模様に○○省とか会社のロゴとかソフマップとか入ったこんなパネルがありますね。会見場ではなく知事室前にぶら下がり取材用というのがなるほど感あふれます。
3467-16.jpg

4階には戦前に昭和天皇の写真などを祭っていた「奉安殿(ほうあんでん)」がある部屋「正庁」があります。創建当時、三大節(元日、紀元節、天長節)拝賀式やその他の儀式で使用されていました。で、戦後は執務室として使われたのですが、2019年4月に復元されました。
3467-19.jpg 3467-18.jpg 

宝相華をモチーフに浮き彫りにして焼きこまれた装飾タイル。
3467-17.jpg

3467-20.jpg 3467-21.jpg
3467-22.jpg

本庁舎歴史展示室
3467-23.jpg 3467-24.jpg

塔屋6階から9階までの鉄骨階段。木製の手すりは改修したものの竣工した昭和3年当時のモノだそうです。登ることはできません。
3467-25.jpg 3467-26.jpg
3467-27.jpg

屋上に出て塔屋を望む。
3467-28.jpg 3467-29.jpg
気になる緑色のギザギザは内側から見るとこうなっています。
3467-30.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示