旧前田家本邸・和館

旧前田家本邸の洋館はやりましたが和館はまだでしたね。
3423-01.jpg 3423-02.jpg
3423-03.jpg 3423-04.jpg

旧前田家本堤(和館) 国指定重要文化財(建造物) 平成25年8月7日指定
 昭和5(1930)年に竣工した木造二階建ての近代和風建築で、隣接する昭和4年竣工の洋館とは渡廊下でとながっています。和館の設計には、妻元靖(工学博士)と佐々木岩次郎(帝室技芸員)とその息子佐々木孝之助(建築士)が携わっています。併設する茶室および茶室待合は、三代目木村清兵衛の設計です。
 旧加賀藩主の系譜をひく第16代当主前田利為侯爵とその家族は、洋館を日常生活の場としていて、和館は主に迎賓施設として使用していました。
 一階の主室「御客間」はとこ、付書院、違い棚を備える書院造です。隣の「御次之間」とは続き間になっていて、合わせると四十畳ほどの大広間となり、南面には池泉庭園が望めます。大広間では、欄間の精緻な透かし彫りや、襖の引手など金物の一部に、前田家の家紋「梅鉢紋」の意匠を見ることができます。
 旧前田家本邸は、第二次世界大戦中に前田利為侯爵が戦死すると、前田家の手から離れました。戦後しばらくは接収され、リッジウエイ連合国最高司令官の官邸などに使用されました。現在は区立駒場公園となり、洋館・和館ともに一般公開されています。
  平成29年3月 目黒区教育委員会



3423-05.jpg 3423-06.jpg
3423-07.jpg 3423-08.jpg
3423-09.jpg 3423-10.jpg
3423-11.jpg 3423-12.jpg
3423-13.jpg 3423-14.jpg
3423-15.jpg 3423-16.jpg

庭も素敵です。
3423-17.jpg 3423-18.jpg
3423-19.jpg 3423-20.jpg
3423-21.jpg 3423-22.jpg
3423-23.jpg 3423-24.jpg
3423-25.jpg 3423-26.jpg
3423-27.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示