糸かけで見る 数楽アートの世界

千葉市科学館で企画展「糸かけで見る 数楽アートの世界」をやっていました。(すでに終了)
3421-01.jpg

「糸かけ」とは、あるきまった手順で釘に色とりどりの糸をかけてつくる算数アートです。
3421-02.jpg 3421-03.jpg
3421-04.jpg

糸のかけ方にもパターンがあり、その一つに循環かけというのがあります。詳しくはパネル参照。説明パネルの図でさえ美しい。
しかもそこにしれっと「互いに素」とか久々に聞く数学用語が出てきたり。
3421-05.jpg 3421-06.jpg 3421-07.jpg

これが循環がけのパターンかな。
3421-08.jpg 3421-09.jpg

回転双曲面
3421-10.jpg 3421-11.jpg
3421-12.jpg

レオナルドの橋
3421-13.jpg 3421-14.jpg
3421-15.jpg

のぞきあな から見ると…
3421-16.jpg 3421-17.jpg
3421-18.jpg


3421-19.jpg 3421-20.jpg
3421-21.jpg 3421-22.jpg
3421-23.jpg 3421-24.jpg
3421-25.jpg 3421-26.jpg
3421-27.jpg 3421-28.jpg
3421-29.jpg 

最後は館内4か所でスタンプをおして完成する糸かけ模様。
3421-30.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示