エクセルで横軸が時間のグラフを作る

先日の記事では、太陽の日周運動のグラフをエクセルで作りました。

エクセルで理科の観察・実験の結果を整理したグラフを作る基本的な操作法は以前記事にしたのですが、今回、すっげーめんどうなところがあったので「パソコン操作備忘録」としてここにメモしておきます。

今回はこんな表のデータをグラフにしました。何が大変だったか想像つきますか。
3332-07.jpg

そう、横軸の時刻表示です!
…って、このブログ記事のタイトル見ただろうからわかるわな。

軸の書式設定 から 表示形式 の 分類 の項目から 時刻 を選んで 種類 も適当なの選べばOKじゃないの?と思うでしょ、こんなふうに。
3333-1.jpg

久々にやりますか、アレ。


   .i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     ;,,_,,;;;;;;;;,,..;_   、     ,.__..,;_,,,;;;,,;;;;;;;;__,,___  ....;;;;;;;;;;;;;;;;;
   :!;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ;'"゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~ ̄゛  `!i、            ̄´  ̄ .`''‐  i;;;;;;;;;;;;;;;;
   . l;;;;;;;;;彡;;;;;ゝ .if'=====ー゙  ::          ,.========r    ゙i;|.l;;;;;;;;;;
    ヽ;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;  .`''`-ヽ--''゙゙゙  ;;         '゙ゝヽ-ノ-‐'゙´   ;.i;;;;;;i.フ;;;;;;l′
      ゙l;;;;;;;;;;;;`、         ,!                   : ,、|ll/ ;;;;;;;;r"そんなふうに考えていた時期が
      i;;;;;;;;;;;;;;l、           /   ;:;:              :.゛゛:l ;;;;;;;;./
       '';;;;;;;;;;;;;i         i;;;;;;.;:;:;;;;;;;:                 .i;;;;;;;;;;;;;;;    俺にもありました
         /;;;ゝ       ./´:::: ´;:;:;;;;;;                ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;i
           ミ;;;;'!       .ヽ;;、_;.::__::::;;::              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       : 、.-、/;;;|l            `;:;:;:               ,.ノ.::: :lく;;;;;;;;l゙゙′
      ''";;;;;;;;;;;;;'l、     .,,   :::::::::___   ・         ,'" ::::::  .ヽ;;;;;丶;
       ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,    ゙゙--= ゙̄~゛`''>,,._,..,r;"      ,,l゙ ::::::::::::   i;;;;;;
       .`";'"゙;;;;;;;;;;;;;i、    ヽ_ ゙̄ ̄゛_、        __r:::::::::::::::::    ヽ
            ;;.'ミ;;;;;;;;;:'.、    ゙゙゙゙"'''"~        ‐""::::::::::::::::::::    i


これだけではだめなんですよ。

とりあえず表示形式を時刻にして、上の表のデータを基に散布図をつくると、こうなります。

3333-2.jpg

いろいろ問題点はありますが、一つを除いて、以前の記事を見て操作すれば解決できます。

問題は横軸の時間の切り方。7:12とか9:36とかそういう中途半端なところで区切られても…。
ということで、7:12のようなところで右クリックするとこんなふうになります。
3333-3.png

軸の書式設定 から 軸のオプション で
最小値      固定 0.125
最大値      固定 0.8
目盛間隔     固定 0.0417
補助目盛間隔 固定 0.00695
ついでに
目盛りの種類を デフォルトで「外向き」となっているのを「内向き」に変えます。
固定された数字が やたら細かいですが、とりあえず今は信じてください。

3333-4.jpg

これでグラフを再表示させるとこうなります。あ、「凡例1」の表示を消して、グラフ全体を横に伸ばしました。
横軸が3時から19時過ぎまで、1時間ごとに目盛りがふってありますね。
3333-5.jpg

なんでこうなったのでしょうか。
まず、目盛間隔の固定値0.0417とは何でしょうか。0.0417=1/24 です。つまり、24時間で「1」とエクセルは処理しているのです。
最小値0.125とは1日の1/8過ぎた時間、つまり3:00 0.8は1日の8割過ぎた時間19:12です。
0.25だったら6:00、0.5だったら12:00、0.75だったら18:00になります。

あとは方眼紙のように水色の目盛線と補助目盛線を入れてみます。
補助目盛間隔が固定値0.00695=1/144 つまり10分相当なので、1時間の太い目盛線の間に5本の補助目盛線があるところにもい注目しましょう。
3332-09.png

その直線を両側に伸ばしてみましょう。グラフのところを右クリックするとこうなります。ここで一番下にある 近似曲線の書式設定 を選びます。
3333-6.png

近似曲線のオプションで 線形近似 を選びます。
3333-7.jpg

すると、最適な直線が引かれます。
3332-08.jpg


そうやって6月、12月、3月と完成した3枚のグラフがここからダウンロードできます。ふぅ。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示