東京大学地震研究所 一般公開

東大の地震研が一般公開をしていました。この日、東大がオープンキャンパスやっていたのですね。
3326-01.jpg

公開講義や研究展示、あと機械工作の加工体験とか、電気工作教室もやっていたのですが、ここでは学生実験と展示物と地震計博物館を紹介します。

断層実験
小麦粉とココアパウダーで3層つくり、それを横からゆっくり押していきます。
3326-02.jpg 3326-03.jpg


噴火実験
食紅で色を付けた水あめに、クエン酸と重層の反応を利用して二酸化炭素を発生させることで圧を高め、噴火させます。
3326-04.jpg 3326-05.jpg


弾性波実験 
JAMSTECでやっていたものと同じ実験です。寒天。上は1%、下は3%だそうです。それを偏光板越しで見たものをスローで撮影。


それから展示物。
溶岩樹形(三宅島、1983) Lava tree mould
立木の樹幹を溶岩が包み込み、そのままの形で固化したのですが、包み込まれた樹幹は熱でなくなり、空洞になっています。空洞の中には樹皮の模様が残っていることも…。三宅島・阿古の溶岩流先端から採取したものだそうです。そういえば現地でも見ました
3326-06.jpg 3326-07.jpg

自己浮上式海底地震計
3326-08.jpg


そして、地震計博物館。さすが博物館と称するだけあってたくさんの種類の地震計があります。
張衡の地動儀(模型)張衡(中国後漢) 132年(陽喜元年) 後漢書
中国の学者、張衡(78-139)が作った地動儀で世界で最も古い感震器です。円筒のまわりを囲む8頭の竜は口に珠をくわえていますが、地震が起きると、地震の起きた方向にある竜の口から珠が離れ、下にいる蛙がキャッチする仕組みです。ただし、 その内部のしくみには複数の説があります。
3326-09.jpg

震度計(左)と嶋式簡易地震計
震度計は揺れが起こった時に、上にある鋼球がいくつ落ちたかで進度がわかります。それぞれの鋼球の下には太さの違う(したがって安定度が違う)軸で支えているので、揺れると軸が細いものから球が落ちていくのです。
簡易地震計は棒が倒れることで地動加速度がわかります。
3326-10.jpg

ユーイングの円盤記録式地震計(模型)
明治時代に東京大学理学部教授として招かれたユーイング(英)によってつくられた地震計。機械式地震計の原型の一つで、波形が記録できる実用的な地震計としては世界最古級のもの。
3326-11.jpg

ウッド・アンダーソンねじれ地震計
 アメリカのハリー・ウッド(ハリウッドではない)、ジョン・アンダーソンが設計した、ねじれ振り子を利用した光学記録方式の地震計。ちなみにこの地震計で得られた振幅から、1935年にチャールズ・リヒターが地震の大きさを表す指標(ローカルマグニチュード)を提唱した。これがのちのマグニチュードである。
3326-12.jpg

大森式長周期地震計
3326-13.jpg 3326-14.jpg

SMAC-A型強震計
福井地震(1948)を契機に開発された強震計。最大で1Gまで記録可能。
3326-15.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示