町田市立博物館最終展 (2) 懐中時計


青野武市 紫被牡丹文花器 1993
3270-01.jpg

岩田久利 大皿 1992
3270-02.jpg

岩田藤七 水指 銘 あじさい 1975
3270-03.jpg

平野利太郎 サボテン 1955
3270-04.jpg 3270-05.jpg


鼈甲ケース入りオニオンウオッチ イギリス Nitadi Steffin製 1700年ごろ
17世紀後半~18世紀初頭にかけて製造された、タマネギのように丸く厚みのある懐中時計をオニオンウオッチと呼んでいます。
3270-06.jpg


鮫革ケース入りオニオンウオッチ イギリス Nitadi Steffin製 1700年ごろ
3270-07.jpg

ダイヤ装飾付肖像画入懐中時計 フランス Lepine製 1780ごろ
三色の金にダイヤモンドをあしらった豪華な懐中時計 パリの時計職員 ジャン=アントワーヌ・レピン作
3270-08.jpg

エナメル彩からくり付懐中時計 イギリス Ja Curtis製 1800年ごろ
時計塔の部分が実際の時計のダイヤルとなっており、風車の羽は1分間で一回りするように動きます。
3270-09.jpg

からくり付クオーターリピーター付懐中時計 スイス 1820年ごろ
クオーターリピーターという時刻を音で知らせる機能付き。上のボタンを押すと時刻を示す鐘の音に合わせてくぴ度たちが鐘を突く動きをする。
3270-10.jpg

からくり付クオーターリピーター付懐中時計 スイス 1820年ごろ
株のボタンを押すとヤギのついているパネルがスライドし、裸の檀上が絡み合う姿が見えるようになっているらしい…。
3270-11.jpg

貴石装飾付エナメル彩懐中時計
3270-12.jpg

真珠装飾付エナメル彩チャイニーズウオッチ イギリス 1830-1850ごろ
19世紀にヨーロッパから中国へ輸出されていたもの。時計の裏側には西洋婦人像がエナメル彩で表わされています。
3270-13.jpg

エナメル彩クオーターリピーター付懐中時計 スイス 1900年ごろ
3270-14.jpg

白磁龍耳瓶 中国 唐時代 7世紀
楊貴妃の時代に相当する唐時代盛期の白磁。両側から2頭の龍が伸びあがって口縁を加えています
3270-15.jpg

黄釉褐彩貼花舞人文水注 中国/長沙窯 唐時代 9世紀
トルコ系の楽人舞人の様子が表された国際色豊かな唐時代ならではの文様。長沙窯チョウサヨウは海外輸出中心の窯で、エジプトでの出土例あり。
3270-16.jpg

白磁牡丹唐草文瓶 中国/景徳鎮窯 北宋時代 11~12世紀
青みの強い透明釉をかけた景徳鎮窯ケイトクチンヨウ独自の白磁。彫り文様に釉がたまって生まれる濃淡を生かし、全面を華やかな牡丹唐草で覆っています。
3270-17.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示