理科用語 漢字間違いあるある

理科の用語で、漢字を間違えること、よくありますね。
実際にあったよくある間違いをここでは取り上げます。

中学生ともなると、漢字のミスというのは、漢字の形を間違えるというのではなく、別の漢字(形が似ている・同音異義語)を当ててしまうことが圧倒的に多いです。また、書いた本人が信じられないというミスもあります。
具体的にどんなミスがあるか見ていきましょう。
間違いの例だけ書いて正解はあえて示しません。

1.形が似ている字を書いてしまう
えだつきフラスコ   つきフラスコ
げんしかく       原子
しょきびどう      初期
ぜつえんたい     
せっかいすい     
ひれい         

2.同じ読みの別の字を書いてしまう
かんげん         ※このようなミスを「カン違い」と言います。
かんせつ       間接  ※ひじやひざなどの部分
こうどう         ※天球上の太陽の通り道
こうどう        
しょきびどうけいぞくじかん初期微動続時間
でんじゆうどう    電磁誘
ねんりょうでんち  電池 
はいしゅ        ※種子になるもんね…
りゅうさん      
りょうせいるい    
ゆうせいのほうそく  性の法則
ゆうせいのほうそく  の法則  

3.無意識に書いてしまう
きんぞくこうたく   金属
しろくにごる     くにごる ※石灰水の反応の答えとして書かれるときに起こる。「石」灰水につられてか?
ちょくりゅう      


他にあったら適宜追加します。皆様ご注意を。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示