でんぷん? デンプン!

小学校の教科書では「でんぷん」とひらがなで書かれ、中学校の教科書では「デンプン」とカタカナで書かれています。

そんなわけで、中1で光合成がらみでデンプンが登場するので、テストで「デンプン」を「でんぷん」とかいて△になったとかおまけで○にしてもらったとか、混乱をきたすもとになっています。

「デンプン」はカタカナで書く根拠は何でしょうか。



よく学術的には「デンプン」はカタカナで表記するといわれています。
ただその根拠となる規定はおそらくないのではないかと思われます。(明確な規定をご存知の方、コメントを頂ければと思います)

では実際にアカデミックな世界では「デンプン」の表記はどうなのか、調べてみました。
J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターのサイトで検索してみましょう。(2019年4月7日検索)
でカタカナの「デンプン」を検索すると、19883件の文献、5694件の特許をはじめとして26233件ヒットしました。
では、ひらがなの「でんぷん」はどうでしょうか。
11633件の文献、860件の特許など全部で12685件ありました。カタカナの半分弱程度ですが、ひらがなの「でんぷん」もそれなりに使われているということです。
実際、「でんぷん」とひらがな表記されている論文などもあるのです。ということは、雑誌のエディターは(さらに学会は)論文を、もっというと「でんぷん」というひらがな表記を受け入れているということになります。
それなら、「でんぷん」でもいい、という感じもしなくもありません。

ただし、科学技術用語としては「でんぷん」表記はありませんでした。とはいえ、すべてカタカナの「デンプン」というわけではなく、「化工澱粉」「可溶性澱粉」「澱粉粒」「澱粉糖」などと、漢字表記もみられました。漢字表記は主に食品系の分野のようですが。



ところで、澱粉という日本語は、江戸時代の蘭学者、宇田川榕菴ウダガワヨウアンが著書『舎密開宗セイミカイソウ』に記載したのが最初といわれています。『舎密開宗』はオランダ語で書かれた化学の本を訳したもので、その中で「zetpoeder」をZet=澱む、poeder=粉ということから『澱粉』と訳したものです。

ただし現在、「澱」が常用漢字にではないため、「澱粉」ということばは、公的、一般的には使用されないものなのです。
(「澱」が使えないなんてけしからん!と考える人はいるようですが)



「澱」が使えないことについてはこんな資料もあります。
「分かりやすい公用文の書き方 改訂版」ご愛読者の皆様へ

平成22年11月30日に出されました、常用漢字表の改定告示に併せ、以下の2つの訓令と通知が出されました。
○「公用文における漢字使用等について
(平成 22 年 11 月 30 日内閣訓令第1号)※
○「法令における漢字使用等について
(平成 22 年 11 月 30 日内閣法制局長官決定)
これに伴い、公用文において、下記のとおり、表記の変更が生じました。
(中略)
【変更前】昭和 26 年に出されている通知(その後一部改正されている。)によると、「漢字をはずしても意味のとおる使い慣れたもの」は全て平仮名で記述し(例1)、それ以外で「他に良い言い換えがないもの」は常用漢字以外の漢字だけを仮名書きする(例2)こととされているが、この区別は必ずしも明確でない。
例1 澱粉→でんぷん 斡旋→あっせん
例2 改竄→改ざん 口腔→口こう

【変更後】 「法令における漢字使用等について」(平成 22 年 11 月 30 日付け内閣法制局長官決定)によると、単語の一部だけ仮名に改める方法はできるだけ避けるが(例 1)、一部に漢字を用いた方が分かりやすい場合はこの限りでない(例 2)とされている。
例1 斡旋→あっせん 煉瓦→れんが
例2 堰堤→えん堤 救恤→救じゅつ 橋梁→橋りょう 口腔→口こう 屎尿→し尿 出捐→出えん 塵肺→じん肺 溜池→ため池
澱粉→でん粉 顚末→てん末 屠畜→と畜 煤煙→ばい煙 排泄→排せつ 封緘→封かん 僻地→へき地 烙印→らく印 漏洩→漏えい



ただ、慣習でそうなっている以上、公文書でなければ拘束力を持つものではありませんし、実際にはこれから外れる表記も目にします。また、「デンプン/でんぷん」問題について考えると、これらの訓令と通知は、あくまでも漢字か仮名かの問題であってひらがな・カタカナの区別の問題ではないので、ちょっと違います。



こうしてみると、デンプンはカタカナで書かなくてはいけない、という指導には最小目盛りの10分の1以上に根拠の薄さを感じます。

もちろん、カタカナで指導したからカタカナで書け、という先生もいらっしゃいますすが、このご時世ですし、世間(学問の世界)ではひらがなでも許されるのに学校では許されないという「学校の常識は世間の非常識」の典型例になるのはいやだなと。

せめて小学校からデンプンとカタカナで教えれば「デンプンはカタカナで書くものだ」と刷り込まれ、中1で混乱はないのですが。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示