石垣島へ行ってきました

本学における理科教育の研究成果を社会貢献するにあたり、現場の先生方を対象にした勉強会や、児童生徒を対象とした出前授業を行い、沖縄県八重山諸島の先生方の理科教育の学力向上推進に資する。

などというもっともらしい目的を設定して、年度末で教員の移動を控えた忙しい時期に石垣島と波照間島へ行ってきました。

石垣でのメインは、石垣市立石垣中学校の先生方との勉強会です。

会場は八重山支庁舎ですが、さすが沖縄。シーザーがいます。
3215-01.jpg

3215-02.jpg 3215-03.jpg



終わった後の夕食ですが、刺身5点盛りが500円って安すぎないか?
3215-04.jpg
豆腐チャンプルにイカ墨チャーハン
3215-05.jpg 3215-06.jpg



ユーグレナ石垣島離島ターミナルには、具志堅用高の銅像が。
3215-07.jpg

他にもいたゆかいな仲間たち。
3215-08.jpg 3215-09.jpg
3215-10.jpg



「エメラルドの海を見る展望台」からエメラルドの海などを見てみました。
3215-11.jpg 3215-12.jpg
3215-13.jpg 3215-14.jpg
3215-15.jpg 3215-16.jpg
3215-17.jpg 3215-18.jpg
3215-19.jpg

肉そば
3215-20.jpg



琉球石灰岩が目立つ石垣空港。
3215-21.jpg

植物検疫のところで楽しいものを発見。
植物に潜んでいる困ったチャンの模型
3215-22.jpg

ミカンキジラミ 2.5~3mm
日本では奄美大島以南で発生が確認されています。カンキツグリーニング病の病原最近を媒介する昆虫です。カンキツグリーニング病が日本に発生してからは、その媒介昆虫として重要視されるようになりました。カンキツ類の他、ゲッキツに好んで寄生します。
※ガンキツグリーニング病
アフリカ、アジア、アメリカ、ブラジルなどで発生している細菌による柑橘類の病気で、接ぎ木やミカンキジラミによって病気がうつります。日本では奄美群島以南(奄美大島及び喜界島を除く()の南西諸島で発生が確認されています。感染した樹は、葉が黄色くなったり小さくなったりして、やがて衰弱して枯れてしまいます。果実が大きくならず緑色のままになることから、カンキツグリーニング病と呼ばれています。
3215-23.jpg

アリモドキゾウムシ 体長6~7mm
熱帯、亜熱帯を中心に世界各地のサツマイモ栽培地域にいるサツマイモの害虫です。日本ではトカラ列島以南の南西諸島(久米島などを除く)と小笠原諸島で発生が確認されています。サツマイモが幼虫に食害されると、異臭と苦みが出て、食用はもちろんのこと、飼料としても用いることができなくなります。
3215-24.jpg

イモゾウムシ
体長3~4mm
中華人民共和国、北アメリカ(カナダを除く)、中南米、太平洋の島々にいるサツマイモの害虫です。日本では奄美大島以南の南西諸島、小笠原諸島で発生が確認されています。アリモドキゾウムシと同様に、サツマイモが幼虫に食害されると異臭と苦みが出て、食用や飼料用に用いることができなくなります。
3215-25.jpg

アフリカマイマイ 殻高10cm(成貝)
熱帯・亜熱帯地方に分布している大型のカタツムリで、日本では小笠原諸島と奄美諸島以南の南西諸島で発生が確認されています。野菜類をはじめ多くの農作物を食害し、著しい被害を与える農業害虫です。
3215-26.jpg

ANAの飛行機で帰ってきました。
3215-27.jpg 3215-28.jpg
3215-29.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示