【水溶液とイオン05】原子の成り立ちとイオン(5) 塩酸の電気分解

ついでに塩酸も電気分解してみましょう。

課題:塩酸に電流を流すと、どのような変化が起こるのだろうか。



豪勢に白金電極を惜しげもなく使います。って、減るもんじゃないけど。
3194-1.jpg 3194-2.jpg

でH字管にセットして電流を流します。
3194-3.jpg

電気分解中の様子はタイムプラス動画でどうぞ。


陰極側。泡が発生しています。
3194-4.jpg

陽極側も泡が発生しています。
3194-5.jpg

しかし陽極側はほとんど気体がたまっていません。水に溶けてしまっているようです。
3194-6.jpg

白金電極を使ったので、ステンレス電極のときとは違い、黄色くはなりませんでした。
3194-7.jpg

陰極の気体はマッチでポン!ができました。水素ということがわかります。
陽極の気体は、プール臭がして、塩化銅のときのように漂白作用がみられ、塩素と分かりました。
よって、塩酸に電流を流すと、塩化水素が塩素と水素に分解されるのです。
2HCl → H2 +Cl2

わずかにたまった貴重な塩素ガス。最初は泡はなかったし。
3194-8.jpg
関連記事

tag :                                                    観察・実験,                                                                             化学変化とイオン,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示