磁界観察そう や 磁界観察用短鉄線 で磁石の磁界を観察

9年前にブログで紹介していた実験を、道具類を新しくしてリニューアル

みんな大好き棒磁石。
3181-01.jpg

棒磁石の上に、「磁界観察そう」という、磁性流体と油を閉じ込めた板状のものを置きます。すると…
3181-02.jpg
磁力線を描きました。


では、2本の棒磁石を使って、N極と S極を近づけた状態を見てみましょう、
3181-03.jpg 3181-04.jpg
N極とS極の間に深い磁性流体の絆があります。


ということは、N極と N極では、そのような絆は見られるでしょうか。
3181-05.jpg 3181-06.jpg
ですよねー

U字型磁石
3181-07.jpg

この実験で使う磁石は、あまり磁力の強すぎないものの方がよさそうです。強すぎると磁石がその付近の磁性流体を集めすぎて、周りの様子がわからなくなってしまいます。2本の磁石の間隔もそのあたりを考えて設定しましょう。


さて、こんなものもありました。
磁界観察用短鉄線(マグチップ)
3181-08.jpg

これを磁石にまいてみると…
3181-09.jpg 3181-10.jpg
3181-11.jpg 3181-12.jpg


ところで、こういう実験をしていると、砂鉄やマグチップが磁石にくっついてしまいます。
3181-13.jpg
で、これを完璧にとろうとすると、結構面倒です。
そんなときは、磁石にくっついたまま、マグチップを磁石の中央(NとSの境目)にずらしましょう。磁力がないので、勝手に落ちます。
関連記事

tag :                                                    電流とその利用,                                                                             観察・実験,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示