山居倉庫・酒田駅

「大人の自然観察・加茂水族館編」ようやく最終回。

山居倉庫の残り
3032-01.jpg 3032-02.jpg

小鵜飼船
 小鵜飼船は最上川舟運において物資の輸送をするために作られた船です。慶長 六(一六〇一)年に山形藩主となった最上義光は、難所の開削や河岸の設置によって最上川舟運の整備を図りました。最上川本流に就航する二五〇俵積み四人乗りの「艜船(ひらたぶね)」に対し、この小鵜飼船は支流や船着場間の近距離輸送に使われ、積載量は五〇俵程度でした。最上川の上流松川(現在の米沢市の流域)に小鵜飼船が登場した時代は元禄年間といわれています。長さは約十三ー十五メートル、幅は約ニメートルで、前方に帆をかけて風を利用し、舳先がとがった流線型をしているためスピードもあり、川幅の狭い支流では重宝がられました。
上り船では、塩、 砂糖、海産物、木綿、 茶など、下り船ではは米、紅花、青苧、大豆などが運ばれました。 上りには二週間程度、下りは四~五日かかったと伝えられています。
 この舟は最上川・川舟保存会の熱意により製作 (舟大工 大石田町木村成雄氏)され、 往年の舟運で活躍して当時を しのび、この地に展示したものです。  参考文献  「最上川舟運と山形文化」横山昭男氏
3032-03.jpg

米俵
3032-04.jpg

酒田市指定有形民俗文化財 「酒田山王祭祭礼用亀笠鉾」 指定年月日・平成十三年二月六日
 酒田の鎮守日枝神社の祭礼「酒田山王祭」(現酒田まつり)には、各町内でそれぞれの山車を出していました。
 亀笠鉾は、本間家三代本間光丘が、山王祭りを盛大にすることによって、酒田の町を活性化させようと、京都の祇園祭に範をとって、明和ニ年(一七六五年)に京都の人形師に作らせ、船で運んできたものです。亀鉾にしたのは、酒田を亀ケ崎城下と言ったことや、亀が竜宮のお遣いとして非常にめでたいものとされていたから だそうです。またこの亀の頭は、竜の頭に似てい ますが、上日枝神社のご神体を竜神としていることにも関係があるらしいと言われています。
 長い間山王祭ごとに本間家前に飾られ、また、 行列に加わり「本間家の亀」として親しまれていました。
 平成十三年二月に酒田市へ寄贈されたことを受け有形民俗文化財に指定し、平成十三年度・十四年度の二年ををかけ修理を行い、新たに笠を復元しました。酒田山王祭にちなむ由緒ある亀笠鉾です。 酒田市教育萎員会
3032-05.jpg 3032-06.jpg

「おしん」の人形
3032-07.jpg

○!か!た!の!塩!
3032-08.jpg


酒田駅
3032-09.jpg 3032-10.jpg
3032-11.jpg 3032-12.jpg
3032-13.jpg 3032-14.jpg
3032-15.jpg 3032-16.jpg
3032-17.jpg 3032-18.jpg


関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示