加茂水族館 パシフィックシーネットル

ブルージェリー  
ユウレイクラゲ科の仲間で青みが買っている。クラゲを食べるクラゲでミズクラゲを餌として与えている。
3022-01.jpg


ブラックシーネットル オキクラゲ科
成長すると体色が黒紫いろになるが、小さいうちは白っぽい。傘径1m、長さが6mにもなる大型のクラゲ。
3022-02.jpg 3022-03.jpg

アマクサクラゲ オキクラゲ科
天草地方に多くみられる。小魚やクラゲなどをたくさん食べるので成長は速い。
3022-04.jpg 

パシフィックシーネットル オキクラゲ科
アメリカ西海岸のカリフォルニア~オレゴン州に生息し時に大量発生し海岸に押し寄せることがある。
3022-05.jpg 3022-06.jpg
3022-07.jpg 3022-08.jpg

パープルストライプトジェリー オキクラゲ科
傘径が1mにもなる大型のクラゲ。成長すると傘にムラサキの放射状の筋模様が出る。
3022-09.jpg 3022-10.jpg

ラクテアジェリー オキクラゲ科
傘径25cmほどになり、他のクラゲを食べる。色のバリエーションが豊富でこれからの成長が楽しみなクラゲ。おそらく日本初展示。
3022-11.jpg 3022-12.jpg


ヤナギクラゲ オキクラゲ科
北海道太平洋側では通年、東北太平洋側では春に出現する北方系のクラゲ。山形沿岸には出現した記録はない。
3022-13.jpg 3022-14.jpg
3022-15.jpg

ニチリンヤナギクラゲ オキクラゲ科
以前はアカクラゲと同種とされていたが、別種と認定された。
3022-16.jpg 3022-17.jpg

アカクラゲ オキクラゲ科
乾燥したアカクラゲの粉末によってくしゃみを発することから「ハクションクラゲ」と呼ばれることがある。
3022-18.jpg

サムクラゲ ミズクラゲ科
 クラゲを食べるクラゲで、傘の中央が黄色く色づき、卵黄のように見えることから、英語ではegg yolk jelly (卵黄クラゲ)と呼ばれる。
3022-19.jpg 3022-20.jpg

トガリテマリクラゲ

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示