加茂水族館 ウリクラゲ

カブトクラゲ属の一種
3020-01.jpg


ウリクラゲ Beroe cucumis Fabricius  有櫛動物門 無触手綱 ウリクラゲ目 ウリクラゲ科
自分の体の倍はあるカブトクラゲを大きな口を開けて一飲みにして、パンパンに膨らむ。
3020-02.jpg


シンカイウリクラゲ
深海調査などで見られるクラゲで庄内浜には春に表層で見られる。
3020-03.jpg



サビキウリクラゲ
編みがさクラゲと似るが体に厚みがあり容易に見分けることができる。
3020-04.jpg


キタカブトクラゲ
水深1000mからも報告されている。櫛板列が口のところまでしかないなどで、カブトクラゲと見分けることができる。
3020-05.jpg 3020-06.jpg

ツノクラゲ
体の周りに角状の突起が多くみられる。とても体が柔らかく、少しでも手荒に扱うと崩れてしまう。
3020-07.jpg 3020-08.jpg

オワンクラゲ
傘の縁に緑色傾向たんぱく質(GFP)があり、UVライトに当てると緑色に発光する。
3020-09.jpg

コティロリーザツベルクラータ
成長すると口腕の先が青紫に色づく。別名『目玉焼きクラゲ』
3020-10.jpg 3020-11.jpg


キャノンボールジェリー
食用クラゲとして広く流通している。大きいものでは25cmほどになる。
3020-12.jpg 3020-13.jpg


かごしま水族館と同時公開 世界初展示アマガサクラゲ
100m以深でふつうにみられるが、浅いところはまれで、生態は謎が多い。
3020-14.jpg 3020-15.jpg
3020-16.jpg

ラビアータ
日本産のミズクラゲと比べ、傘の裏側(口腕)の中央が王冠のように発達する。
3020-17.jpg 3020-18.jpg


キタミズクラゲ
庄内での出現記録は、1979年に遊佐町の地引網に入網したのみ。成長すると傘の縁が茶色に染まる。
3020-19.jpg 3020-20.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示