ちりめん細工の今昔

渋谷から墨田区に移転したたばこと塩の博物館で特別展「ちりめん細工の今昔」をやっていました。
2963-01.jpg

ちりめん(縮緬)は経糸に撚りのない生絲、緯糸に強い撚りをかけた生糸を用いて平織りし、精錬して布の表面に細やかな「しぼ」をもつ優しい絹織物です。ちりめんは江戸時代から現在に至るまで日本の着物の素材として愛好されてきました。
 そのちりめんの残り布を縫いつないで作られたお細工物が「ちりめん細工」で、江戸時代から上流階級の女性たちの間で育まれた伝統手芸です。
2963-02.jpg

いろいろ見ごたえがありました。
2963-03.jpg 2963-04.jpg
2963-05.jpg 2963-06.jpg
2963-07.jpg 2963-08.jpg
2963-09.jpg 2963-10.jpg
2963-11.jpg 2963-12.jpg
2963-13.jpg 2963-14.jpg
2963-15.jpg 2963-16.jpg
2963-17.jpg 2963-18.jpg
2963-19.jpg 2963-20.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示