太鼓や音叉の振動

一ヶ月のご無沙汰でした。
本日より暫定的ですが、ブログ更新を再開します。

いえいえ、決して勉強し直して参ったわけではございません。

むしろ、まだいろいろと勉強したい、というか体勢を立て直したいという状況は一向に変わりません。

ここ数年少しずつ、とりわけ今年度は相当行き詰まりというか限界を感じており、うつトンネルへの突入を水際で回避すべく、学校外の仕事のほとんどを一旦お休みし、あまつさえ自分に残っているなけなしの好奇心や向上心に敢えて蓋をして、とにかく休めるときは休もうとしております。(学校外の仕事=精神的な逃げ道 をふさぐので、逆効果な感じもしそうですが、今までできるだけ積極的に幅広くやってきた挙句がこのザマなので。)せめて週に1日くらいは休みたいなと。

そう、ブログの休止もその一環です。仕事を断った手前、「ブログ書いてるんだったら、こっちの仕事もやってよ」と言われそうだし。

ところが、ブログを休止したところで、学校なんかは激務が続き追い詰められている状況は変わるはずもなく、ゆっくり体勢を立て直すなんて余裕はありません。このままではブログの再開は見通しが立たないどころか、学校を辞めるまでブログの更新ができません。

一方、記録として残しておきたい理科のネタや、メモ代わりに残しておきたいソフトの使い方、撮った写真など、ブログに上げておかないと、いろいろもったいなかったり、後で自分が不便な思いをしたりしそうなものもたまってきました。


というこで、ブログ休止から微妙に方針転換。しばらくは平日のみ更新していこうと思います。

また、つまらぬ愚痴をこぼしてしまった。気を取り直して、
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。



物体が振動することにより音が発生し,音が物体に伝わることにより振動が起こります。
ということで、音を出している物体の振動を見てみましょう。


まずは穴あけパンチであけた穴の部分の紙片をトッピングした太鼓をたたいてみましょう。穴の紙はどうなるかな。
2847-1.jpg



それから、振動している音叉を水につけてみた。





関連記事

tag :                                                    観察・実験,                                                                             身近な物理現象,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示