勝鬨橋の周辺

勝鬨橋の
2816-1.jpg
西側、築地市場の側に
2816-2.jpg

重要文化財としての開設が。あの石原慎太郎知事(当時)の名前もあります。
2816-3.jpg

ちなみに隅田川の一番下流にあった勝鬨橋のさらに下流にできた築地大橋。昨年(2016年)内に開通という話もありましたが、築地市場移転問題が難航しているため、橋の西側へつながる環状2号線の築地・新橋方面ルートは、現在の築地市場内を通るため、豊洲とか豊洲とか豊洲とかに移転しないと開通しないのだそうです。
2816-4.jpg

あぶない!!
2816-5.jpg

石原さんよりさらに古く、昭和15年に竣工したときにつくられた「勝鬨橋之記」。
2816-6.jpg

「かちときのわたし」

勝鬨の渡し
所在地 中央区築地六丁目二〇番
明治二十五年(一八九二)、銀座・築地方面と月島との間には「月島の渡し」が開設されましたが、月島側の発展にともない、両地の交通はこれのみではさばけない状態でした。
 明治三十八年(一九〇五)、日露戦争の旅順要塞(中国東北部)陥落を契機に、京橋区民の有志が「勝鬨の渡し」と名付けて渡船場を設置し、東京市に寄付しました。当地にある石碑は、この時に建てられた記念碑です。石碑の正面に「かちときのわたし」とあり、側面には「明治三十八年一月京橋區祝捷會挙行之日建之 京橋區同志會」と陰刻されています。
 設置された勝鬨の渡しの渡船場は、ここから約一五〇メートル西の波除稲荷神社の辺りにありました。対岸にある月島側の渡船場は、月島西河岸通九丁目(現在の勝どき一・三町目の境)の辺りにあって、この間を渡船が運航していました。
 勝鬨の渡しは、住民や月島の工場へ通う人々の重要な交通機関として大いに利用されていました。とくに、月島への労働人口の集中を容易にさせることになり、月島が工業地帯として発展する基となりました。
 大正十二年(一九二三)の関東大震災後、架橋運動が起こり、船が通過する際に跳ね上がる可動橋が架せられることになりました。渡しは橋の架橋まで運航され、昭和十五年(一九四〇)六月、勝鬨橋の開通とともに廃止されました。
 勝鬨の渡しの名は橋名に受け継がれて今もその名を残しています。
平成十六年三月 中央区教育委員会

2816-7.jpg

“海軍経理学校”の碑
2816-8.jpg

その奥に「勝鬨橋 変電所」がありますが、
2816-9.jpg

今は変電所ではなく、かちどき 橋の資料館となっています。
2816-0.jpg
関連記事

tag :                                                    文化財,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示