隅田川テラスとアメリカ公使館跡

隅田川テラスにて 佃大橋を望む
2813-01.jpg 2813-02.jpg

壁に窓や扉があるのだけれど、どうもフェイクのようです。
2813-03.jpg 2813-04.jpg
2813-05.jpg 2813-06.jpg

聖路加ガーデンの隅田川側にあるアメリカ公使館跡
2813-07.jpg 2813-08.jpg
2813-09.jpg 2813-10.jpg

それとは別に、聖路加国際大学のところにもアメリカ公使館跡が
2813-11.jpg 2813-12.jpg
2813-13.jpg 2813-14.jpg
2813-15.jpg

アメリカ公使館跡のすぐ横にトイスラー記念館が

昭和8年、トイスラー記念館は隅田川畔の明石町19番地に聖路加国際病院の宣教師館として建設されました。
設計者は米国人建築家のJ.V.W.バーガミニィで、施工は清水組(現在の清水建設株式会社)が行いました。建物の解体は、昭和初期の住宅建築には珍しい鉄筋コンクリート造一部木造の二階建てで、ヨーロッパの山荘を思わせるヨーロッパの山荘を思わせる重厚な風格のある建物でした。
平成元年に解体工事が行われ、平成十年二月に現在地へ移築復元されました。復元にあたり、創建当時の施工技術や構造上の特徴を精密に記録し、再利用可能な部材をできる限り用いています。
 外観は外部に柱や梁などを表現したハーフティンバー風の意匠です。室内はチューダー・ゴシック風のデザインで、玄関ホールやリビングなどに重厚な木の内装がみられます。
この建物は、聖路加国際病院の歴史を物語るとともに、築地居留地時代から引き継がれてきた明石町の歴史の一端を伝える貴重な文化財です。 平成18年3月 中央区教育委員会


2813-16.jpg 2813-17.jpg

聖路加国際大学のマークも。
2813-18.jpg
関連記事

tag :                                                    文化財,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示