天体特講~やっぱりわからなかった人へ 3:方位

3 方位

3-1 はじめに
月や惑星がいつ(朝・夕方・真夜中)、どの方角(東・南・西)にみえるかという一連の問題は、ややこしく、めちゃめちゃ難しいということで、多くの中学生に恐れられています。
それはどうしてかというと、方位と時刻のとらえ方がわかっていないからです。
逆に言えば、ここさえわかればこの手の問題は一気にクリアできます。
そして、方位と時刻の決め方がわかることは、そんなに難しいことではありません。
ぜひ方位と時刻についてマスターして、ライバルに差をつけましょう。
…と言いたいところですが、ライバルもこのブログを見ているかもしれませんorz

ですが、本題に入る前に一つ、太陽や地球や月・惑星などの位置関係を示す図について、現実的には超重要でありながら、あまり触れられてない「暗黙の了解」についてふれておきます。
前回の図
2781-1.jpg
もそうですが、この手の図はいつも、
北極星(天の北極)側から見た図
です。その結果
地球として描かれた円の中心が北極点
となります。
なんでこうなっているかというと、反対側、つまり天の南極から見た図にしたら、地球として描かれた円の中心が南極点、とするとその円は南半球ということになり、北半球の日本はその図から見えないということになってしまいます!
その向きで考えると、自転も公転も天体は反時計回りに回ることになります。



2-3 方位の決め方
まず、地球として描かれた円の中心に北極点があります。
北極というのは、文字通り北の極です。
北を極めたのです。究極の北です。
だから地球上のどこにいても、北極点のある向きが北です。異論は認めない。
…と思ったけど、真北と磁北のズレに関する突込みは勘弁してください。こまけぇこたぁいいんだよ!!

それでは練習問題。次の図のA・B・Cの各点において、北はどちらむきになりますか。
※ちなみに地球の図は、wikipediaの「北半球」にあった画像を使わせてもらっています。
2782-3.png


答えはこうです。とにかく中心である北極のある側が北です。
2782-4.png
ところが、こうして(天の北極から見る視点で)みると、「北」という向きは地球上のどこにいるかで変わってくることがわかります。

北が決まれば、その反対向きが南です。そして北を向いたとき、右側が東、左側が西になります。
では、A・B・C各点に於いて東西南北を示します。
2782-5.png
「北」だけでなく東西南北のいずれも地球上のどこにいるかで変わってくることがわかります。
たとえば、この地球の図の右上側の遠くに月があったとしましょう。その月をA・B・C各点から見ようとすると、A点からは南の方角に見えますが、B点からは東に月があるように見えるのです。C点は月から見ると地球の裏側になるので、見えません。

お約束~当たり前だが重要だ!
地球上のどこにいるかによって、方角は変わってくる!!
①北(南)極のある向きがその場所での北(南)
②南北が決まってから東西を決める (注) 北極に立つと、どちらを向いても南になる。


なお、北極点に立つと、どちらを向いても南になります。

次回は、この手の話で、方位の相棒ともいえる「時刻」についてです。
関連記事

tag :                                                    地球と宇宙,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示